先輩が勧める会社ベスト100-人気企業ランキング

  公開日:2007/01/19
最終更新日:2017/04/06

 

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

私のカスタマーは企業です。


そして私の専門分野は当然、採用分野。


一人でおこなえる業務には限界が あります。


よって成長している企業は、 人員を増加せざるをえません。


裏を返せば、人材の採用なくして 企業は成長しないということ。
※経営効率の問題はまた別


まずは新卒採用に目を向けます。


会社規模に関わらず、新卒採用をしている会社の「採用現場」は学生に筒抜けです。

採用現場とは?

「会社説明会の内容」
「適性試験の内容」
「面接の内容」
「面接官の情報」
「選考スピード」
「エントリーシートの内容」
「担当者の人柄・対応」
「会社の雰囲気」etc


などのこと。


つまり、学生が採用の場面で出会う全ての情報は知られていると思ってください。


隠し通すことはできません。


経営者を含め、採用担当者が30歳を超えて いるならあまり知らないかもしれませんが、


みんなの就職活動日記


というサイトがあります。


54万人の学生が登録している会社毎に スレッドがある掲示板です。


2007年卒の大卒求職者数が44万人ほどのはず。


そう考えると、54万人ということは高卒、短大卒も登録してい ることになります。


上記「みんなの就職活動日記」の検索BOXに皆さんの会社の名前を入れてみてください。


ログインIDを取得しないと 内容は見れませんが2ちゃんねるのような誹謗中傷は殆どなくありのままの情報が 載ってます。


その中で目を引いたのが、

先輩が勧める会社Best100です。


2007年卒を対象にしたアンケートですから、 時系列的にまだ働いていません。


つまり会社の中を 知らないのにランキングされています。
どういうこと?


項目は
「成長性」
「情報公開度」
「仕事の内容」
「社員の印象」
「選考過程の評価」


などの8項目を47,000件の回答を もとに集計したものです


日経ナビが調べる人気企業ランキングとまったく 違うと思います。


日経は就職活動に入ってない学生を対象。
みん就は就職活動が終わった学生を対象。


実際に選考を終えると印象は全く違うと いうわけです。


このランキングの上位企業の採用担当者は 、質が高く学生が本当に欲しい情報を与えています。


口コミ効果は重要です。


ここに掲載され ている企業は来年応募者が増えることは 間違いないでしょう。


学生や応募者の視線にたって採用戦略を 考えないと、このような採用力の高い企業との差は開く一方です。

«  ← 次の記事

前の記事 → 

5分で分かる面接の仕方

新卒採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを読んでいないなら、
あなたの会社は損をしています。

面接 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

コメントは受け付けていません。

«  ← 次の記事

前の記事 → 

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ