『採用の教科書®』の歩きかた

まずはこちらを   → 稲田行徳プロフィール

お勧めの記事

►採用戦略とは?  → 採用戦略とはある3つのステップのこと
►面接の仕方    → 採用面接の仕方、やり方
►効果的な求人募集 → 自社ホームページを使って求人すべき3つの理由

ここから記事の最新情報

就職ナビを使わずに優秀な学生を新卒採用する方法

新卒採用と言えば、大手2社の就職ナビがぱっと頭に浮かぶと思います。


これが、植え付けられた常識です。


学生を新卒採用したいと考えた時に、真っ先にパブロフの犬のように上の方法を考えてしまう中小企業の経営者たち。


悪いと言うわけではなく、まあ、そういう動きをする会社が多いからこそ、別の手法をしている会社が目立ってくるんです。

そうです。

そういった就職ナビを使わずに新卒採用をしている会社があるのをご存じでしょうか?
続きはこちら>

新卒採用のための会社説明会

setsumeikai_seminar新卒採用をするにあたって、基本的には必ず必要なのが会社説明会の開催です。

弊社が提供している理念共有採用型の求人サイトであれば、会社説明会というのはほぼ不要になり、会社見学(職場見学)と先輩社員が質問に答える場を作るだけでも可能ですが、基本原則として「会社説明会」を実施する必要があります。

なぜ、会社説明会を実施しなければいけないのか?


答えは簡単です。
続きはこちら>

新卒採用においては応募者目線での会社のミスマッチを解消すること

mismatch


中小零細企業が初めて新卒採用をおこなう場合、採用支援会社に、とりあえず100~200万円を支払って、大手就職ナビに掲載しただけというやり方が多いです。

その後、会社説明会が必要だ(参考:会社説明会の準備物(企業側))と気づいてあわてて説明資料を作り始めたり、新卒採用面接をするにあたっての質問事項(参考:採用面接のやり方や質問マニュアル)を考えたりする。

最初からSPI3などの適性試験を導入する会社はまれですが、人材採用への意識が高かったり、面接を理解している会社ほど、適性試験を導入します。

このような形で、とりあえず大手就職ナビに掲載をしてからバタバタと新卒採用を固めていく会社が多いのですが、そうこうしているうちに、人数(アタマ数)を採用しようと考え始め、新卒採用の本来の目的を見失っていきます。
続きはこちら>

リクルートサイトの制作が新卒採用における効果的な求人募集方法|新卒採用サイト制作をお勧めします

新卒採用をするにあたって、新卒採用サイト(リクルートサイト)の制作は必須です。

必ず作りましょう。

自社のホームページが無いのは論外ですが、新卒専用のリクルートサイトが無いのも新卒採用では命取りです。

なぜなら、最も浅い理由としては「求人情報を書いた新卒採用サイトもない会社なのか?ここは」と学生から門前払いされることです。
※ホームページ自体が無かったり、社名で検索しても1位に来ていなかったりするのは論外。

次に、実際に求人情報ページがあるとしても、その内容が問題です。

ただ作りました。募集要項を貼り付けましたというリクルートサイト

こういうのも話になりません。

だから新卒採用でいつまでたっても失敗するのです。
続きはこちら>

新卒採用サイトの制作なら理念共有採用手法のいなだ事務所へ

自社で新卒採用サイトを持っていますか?


具体的には、会社のホームページのURLで、自社の新卒採用ページを作ると言う事です。


●●ナビなどの某大手就職ナビに掲載することではありません。


弊社では自社専用の新卒採用サイトの制作+新卒採用コンサルティングの依頼を受け付けておりますが、これまでどの会社も支払った費用のモトをとっています。


新卒採用サイトはホームページ制作会社ではダメ

ホームページ制作会社に新卒採用サイトを依頼すると、大体失敗します。
続きはこちら>

中小零細企業の新卒採用方法・やり方

中小零細企業でも新卒採用は可能で書きましたが、まず新卒採用への壁をとっぱらう事が大事です。


自社のウリを明確に伝えることさえできれば、知名度が低くても、新卒採用活動は可能です。


そもそも学生というのは、企業をあまり詳しくは知りません。業界もあまり知りません。


どの学生も就職活動を始めてから、世の中にある会社を知っていきます。ですから、CMをバンバン流している大企業を除けば、スタートは中小零細企業の場合、どの会社もだいたい同じなんです。


ところが、結果では大きな差がでます。
続きはこちら>

中小零細企業や個人事業主であっても国立大学生の新卒採用は可能

中小零細企業や個人事業主であっても国立大学生の新卒採用は可能


「国立大学生の新卒採用」と聞くと、身構えをする中小企業もありますが、大学の新卒採用は敷居自体は高くはないです。どの企業であっても、たとえ個人事業主であっても新卒採用は可能です。


企業規模に関係無く、大学卒の新卒採用市場に飛び込めます。

飛び込むだけならどの会社もできる

続きはこちら>

新卒採用コンサルティング専門のブログ新卒採用の教科書を開設しました

2007年の起業以来、中小企業の採用支援に特化したノウハウをブログやHP、メルマガにて公開してきました。

特に2007年11月以降は、自社ドメインによる運用で採用の教科書を開設し、中途採用と新卒採用に役立つ内容に特化した記事を追加し、人気ブログランキングの人事部門のアクセスランキング日本一のアクセスを取得することもできました。

これまでは上記の採用の教科書に中途採用と新卒採用どちらも書いてきましたが、関連記事を読みやすくするために、新卒採用に特化した専門ブログ「新卒採用の教科書」を立ち上げることにしました。

このブログのURLは、 https://www.gutto-saiyo.com です。

新卒採用をおこなっている中小企業にとって役立つ情報を記載していきます。
ブックマークなどをお願いいたします。

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ